群馬で家を建てるなら

家づくりの基準になる単位を教えてください

従来の基準は、尺間法(しゃっかんほう)と言って、一間(いっけん)(=1.82m)、三尺(=0.91m)を基本の長さとしていました。面積は、一坪(ひとつぼ)(1.82×1.82=3.3124m2)を基本単位にしていました。又部屋の広さを表す時には、帖(じょう)(一帖=1.82×0.91=1.6562m2)を使い、6帖の和室や18帖のLDKなどと表現します。

最近はこの尺間法だけではなく、1mを基準としたメーターモジュールを採用している住宅会社も多く見られますが、maekenでは、尺間法・メーターモジュールどちらも対応できるようにしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0276-62-6333

PAGETOP
Copyright © 前田建設株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.