固定資産税はどのような税金?

固定資産税とは毎年1月1日(賦課期日)時点で土地や家屋を所有している人にかかる税金です。この税金は地方税の一種で市町村に支払う税金です。 なお、各市町村により税率や減免制度の有無等が異なります。

【税額】土地・家屋等の課税標準額合計 × 税率(1.4%)

《課税標準額》
土地については、固定資産税台帳に登録された価格(固定資産税評価額)をもとに前年から極端に変動がないように調整された価格になります。 なお住宅用地で200m2までは(小規模住宅用地)価格の6分の1 200m2を超える部分は(一般の住宅用地)価格の3分の1 建物については、固定資産税台帳に登録された価格がそのまま課税標準になります。

《新築住宅の軽減措置》
新築された住宅の床面積が50m2以上280m2以下の場合には3年分(3階建以上の耐火・準耐火建築物は5年分)に限り、居住部分(120m2まで)に相当する家屋分の税金の2分の1が軽減されます。

《新築住宅の減免制度等》
市町村により、独自の減免制度等設けている場合がありますので、各市町村にご確認下さい。

>maekenhome 「想い」を「造る」

maekenhome 「想い」を「造る」

マイホームは「人生でいちばん高い買い物」をするのではなく、「人生でいちばん居心地のいい場所」を造るのだと思います。 あなたはどんなマイホームを思い描いていますか。 その「想い」を、一緒に造って生きませんか。

CTR IMG